home‎ > ‎

IPv4アドレス133.168/16の返却について

2011/8/23
PRUG関係各位

1990年1月8日よりPRUGに割り当てられているIPv4アドレス133.168/16ですが、2011年度中にJPNICに対して返却手続きを行う予定です。これは、2012年度より始まるPIアドレスへの課金をPRUGとして負担できない事によるものです。また、割当の経緯や団体の性格を鑑み、他組織への移転は行いません。

本アドレスは既にInternetに対して経路広告されておりませんので、PRUGとしての外部接続性に影響はありません。しかしながら、未だプライベートアドレス代わりに使用されている方がいらっしゃいましたらトラブルの原因となりますので、適切なアドレスへのリナンバリングをお願いします。

このトラブルとは自らのものだけではなく将来の再割当先に対するものも含まれます。現時点で何らかの形で133.168/16内のIPv4アドレスを利用されている方は、2011年度内の対応をお願いいたします。


2012/1/23追記
2012年1月21日に、JPNICに対して2012年3月31日での返却申請を行い、即日受理されました。